タイトル

奥びわ湖ならではの湖産物や、滋賀の名物・郷土料理。
初めてなのにどこか懐かしい、日本の美味しさの原点をぜひ。


寿し茶漬けセット

あぢかまの里名物が、「鮒寿し茶漬けセット」。
鮒寿しは、びわ湖でとれた鮒を、お米の中で発酵させた滋賀県の伝統な郷土料理です。 寿しという名前ですが、ご飯と一緒に食べる通常のお寿しとは異なり、魚の身だけを食べるのが一般的。

特徴的な臭気と酸味も、好きな人にはたまらない美味しさですが、お茶漬けにすることで、比較的あっさりと食べられます。
初めて鮒寿しを食べられる方は、まずここから挑戦してみてはいかがでしょうか?

そば

あぢかまの里名物の「鴨肉」には自然に近い環境で、太陽の光の下、のびのびと育てられた鴨を使っています。潜る深さも充分にある飼育池の中、思いっきり動き回ることで、ぐっと引き締る身。
そして、冬の寒さから身を守るための、自然で上質な油がしっかりとのった本物の鴨肉。 びわ湖産の川えびのかき揚げがトッピングされた、温かい鴨そばでお召し上がりください。
(期間限定で、鴨肉の販売もおこなっています。)

っちようかん/栗入り

お土産におススメなのが、でっちようかん。
小豆あんに大粒の栗を練り込み、竹皮に包んで蒸しあげました。 爽やかな竹の香りに、さっぱりとした甘みが特徴。
滋賀では古くから親しまれている故郷の味です。
名前の由来は江戸時代。 滋賀から京都や大阪のお店へ、奉公に出ていた丁稚(でっち)さんが短い里帰りの後、この故郷のようかんを、よくお店へのお土産にしたところからきています。

琶ますの煮付け/塩焼き

「琵琶ます」は名前の通り、びわ湖にのみ生息するサケ科の魚で、湖北地域の外では、あまり知られていません。
しかし、鮮やかなサーモンピンクの身にたっぷりの油は、上質のトロサーモンにも負けない味わい。
刺身やムニエルなど、どんな料理にしても美味しくいただける琵琶ますを、あぢかまの里では、煮付けと塩焼きでお出ししています。
口の中で脂身がとろけ、旨みが溢れだす琵琶ます。一度食べれば、もうやみつきです。

一本寿し

漁場から直送し、しめた鯖を、まるまる一本、贅沢に使った自慢の逸品。

かつて、日本海で水揚げされた鯖は、びわ湖の水運や、西側の陸路を経由し、京 の都へ。
鯖の到着を待ちわびた京の人々はこの道を、“鯖街道”と呼びました。
人の足で1日がかりの道程の間に、鯖が痛まないよう工夫された、伝統的な「鯖 寿し」を、古の時代に想いを馳せながらお召し上がりください。

江牛バーガー

近江牛の自家製パテと「サラダパン」でおなじみのつるやパンが開発したバンズを使ったバーガーです。
ジビエバーガー、ライスバーガーもあります。

ルーベリーソフトクリーム

一口ほおばれば、ブルーベリーの爽やかな酸味が、口の中いっぱいに広がります。 甘さは控えめ。ドライブ休憩の疲れ目の回復や、眠気覚ましにおススメです。

パン

ごパンは小麦粉で作った生地に、ごはんを錬り合わせた、あぢかまの里独自の製 法で焼き上げられたパン。
駅内の工房で手作りしています。
ふわっふわ、でもお米特有のもっちりとした粘りもあるパンは、白米だけでな く、玄米や古代米(黒米)でできたものも。
お米の種類による風味の違いを食べ比べてみてください。

材料には町内で収穫されたものを使っています。

子土産

びわ湖の北に位置する、つづら尾半島産の柚子を使ったお土産シリーズ。
ゆずに含まれる成分は、健康や美容にも良し。
ゆず羊羹に、ゆずのど飴など、多彩なバリエーションをご用意しています。